グリーンテック

【イベントレポート】ONE JAPAN CONFERENCE 2022・大企業挑戦者支援プログラム『CHANGE』決勝ピッチを取材

投稿日:

大企業の若手・中堅社員を中心とした約50の企業内有志団体が集う実践コミュニティ「ONE JAPAN」。

「挑戦の文化をつくる」をミッションに掲げ、VALUE(価値づくり)、PEOPLE(仲間づくり)、CULTURE(社会的空気づくり)の3軸で活動を行っています。

毎年秋に開催する大型イベント「ONE JAPAN CONFERENCE」。

今回は2022年10月23日(日)に秋葉原にて行われた「ONE JAPAN CONFERENCE 2022」の「大企業挑戦者支援プログラム『CHANGE』決勝ピッチ」をレポートします。

【GREEN NOTEは「ONE JAPAN CONFERENCE 2022」のメディアパートナーに認定されました。】

ONE JAPAN CONFERENCEとは?

「大企業から世の中を変革する」をテーマに、企業内で新規事業や既存事業変革に挑む“CHANGER”(変革者)を創出するプログラムです。

約3ヶ月の期間を経て「支え合う仲間と、勝ち残るための武器」を提供します。

ONE JAPANから、参加者の所属する大企業から「本気で自社を、社会を変えていく人財(CHANGER)」を生み出し、変革していくためのエコシステムの構築を目指します。

公式サイト:https://onejapan.jp/ojc2022/index.html

イベント開催概要

ONE JAPAN CONFERENCE 2022は下記日程と場所にて行われました。

■日時
10月23日(日)10時~20時00分
(受付: 10時~ セッション開始: 10時30分 懇親会: 19時~ 終了: 20時 )
■開催場所
リアル参加:秋葉原UDX・アキバスクエア
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX

今年のテーマは、昨年に引き続き「変革(Transformation)」

自己変革、企業変革、社会変革に向けて、各界のトップランナーや経営陣等の豪華ゲストに加えて、各企業の最前線で挑戦するONE JAPANメンバーなどの実践者が多数登壇し、リアル会場 / オンライン会場にて「VALUE」「PEOPLE」「CULTURE」の切り口で12のセッションを展開します。

【全体セッション】「大企業挑戦者支援プログラム『CHANGE』決勝ピッチ」

大企業挑戦者支援プログラム『CHANGE』決勝ピッチのプレゼンター5名のピッチ内容をご紹介します。

實廣亜希子 / 株式会社ファンケル 総合研究所 化粧品研究所 洗浄剤開発グループ

トップバッターは株式会社ファンケルの實廣亜希子さん。

90%以上の飼い犬が、歯周病に罹患していると言われています。

でもその多くは症状が見えないため、飼い主は気づいてあげることが出来ません。

歯周病を放っておくと、深刻な病気を招くリスクがあります。

實廣さんには、ペットを歯周病でなくし辛い思いを抱えた友人がいました。

重度の歯周病になって、手遅れになってしまう前に、未然に防ぐために考えられたのが、家族犬の歯周病早期発見ガム ~PePreガム~です。

ガムを噛むと、歯周病菌と反応して、白からピンクに色が変わり、歯周病リスクを可視化できるのが特徴です。

リスクチェックに加えて、予防も出来るという、世界初のペット用ガムです。

ペットは、歯をケアすることで20%寿命が延びるといわれています。

歯周病に苦しむ犬と、飼い主を1人でも減らしたいという思いで、事業化に向けて走り始めました。

國友孝憲 / 株式会社PFU RAPTOR事業開発部

株式会社PFUの國友孝憲さんは、廃棄物処理施設で頻発する火災の撲滅に挑みます。

全国の廃棄物処理施設で起きる火災、原因の97%がリチウムイオンバッテリーであると言われています。

分別作業は行われていますが、人の目の認知能力には限界があり、バッテリーの混入を100%防ぐことはできません。

この業界を間近で見てきて、もっと安全で働きやすい職場に変えていきたいという思いで、國友さんが考えられたのが、混入バッテリー検知システム「BattDetector(仮)」です。

X線、金属探知機、AIによる画像認識で、バッテリーの混入率をゼロにするというもので、業界経営者へのヒアリングでは8割が「導入したい」と回答しました。

2024年のローンチを目指し、事業化に奮闘中です。

高橋知世 / キリンビバレッジ株式会社 近畿圏統括本部 近畿圏支社 自動販売機営業部 課長

続いては、キリンビバレッジ株式会社の高橋知世さん。

皆さんは「胃ろう」をご存知でしょうか?

病気などで、口から食事がとれなくなったときに、衰弱しないよう口以外から栄養を補給する方法のひとつです。

現在、胃ろうのお子さんは、日本に約1万人いると言われていますが、患者数の少なさから、子供向けに適したペースト食はまだありません。

そのため、各家族では、食事をブレンダーでペースト化していますが、親の負担が大きいのが現状です。

そこで「作る手間なし」「あげる手間最小限」「場所を問わずどこでもあげらえるもの」として考えられたのが、胃ろうのこども向けのペースト食です。

高橋さんご自身も胃ろうのお子さんがおり、キリングループが持つ食の技術を使って、同じ問題に悩む世界中の親子に笑顔を届けたい、という思いで事業に挑戦中です。

佐藤佳子 / パナソニックコネクト株式会社 IT・デジタル推進本部

続いては、パナソニックコネクト株式会社の佐藤佳子さん

ウィンタースポーツが大好きな佐藤さんですが、過去に4度の靱帯断裂を経験しました。

リハビリを経て、今も現役を継続できているのは、動画撮影による練習のおかげでした。

実際、95%のアスリートや指導者が、スポーツの上達に動画が必要と回答しており、動画撮影による練習の有効性は明らかです。

しかし、一般のプレーヤーが練習に動画を活用するには、機器への投資、設置、分析など、様々なハードルがあります。

そこで佐藤さんが提案するのが、個人スポーツの上達を加速する自動動画撮影サービス「Sport Visual Aid」です。

スポーツ施設に個人認証できるカメラを複数設置し、多角的な動作確認と、骨格解析によるフォーム比較などで上達をサポートする特長があります。

人生100年時代に、生涯スポーツで挑戦できる世界を目指しています。

山本飛翔 / 聖マリアンナ医科大学病院薬剤部・主任

最後は、聖マリアンナ医科大学病院薬剤部の山本飛翔さんです。

薬は、病気を治す効果がある一方、誤った投与をすると毒にもなります。

間違った薬剤投与が起こる原因は様々ですが、そのなかでも処方オーダミスが医師のインシデント報告の中で多く認められています。

医療業務の多くがマニュアルであるため、人の意思決定が数多く介入します。

そのため、判断ミスを防ぎ切ることは困難です。

処方におけるヒューマンエラーを防ぎ、薬による健康被害を無くしたいという思いで提案されたのが、患者検査データを用いた投与量支援アプリ「ベイファーマシスト」です。

大学病院から展開をスタートし、将来的には全病院での薬物治療の最適化を目指していますが、そのためには企業を巻き込んだイノベーションの創出が不可欠です。

「病院だけでは実現できない、大企業と一緒に課題解決したい」と、力強い言葉で、実現への熱い思いが語られていました。

[審査員]
麻生要一 / 株式会社アルファドライブ 代表取締役社長兼CEO
石井芳明 / 経済産業省 新規事業創造推進室長
斎藤祐馬 / デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社 代表取締役社長
笹原優子 / 株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ 代表取締役社長
中山亮太郎 / 株式会社マクアケ 代表取締役社長
藤本あゆみ / Plug and Play Japan株式会社 執行役員 CMO / 一般社団法人スタートアップエコシステム協会 代表理事
濱本隆太(モデレーター)/ パナソニックホールディングス株式会社 プラットフォーム本部 主務 / CHANGEプログラムリード

まとめ

見事優勝されたのは、「医療的ケア児と家族のためのこども向けペースト食」と「廃棄物処理施設の発火防止 混入バッテリー検知システム」の2テーマでした。

5組とも熱意のこもったプレゼンテーションで、審査委員からも、実現への強い期待が寄せられました。

GREEN NOTEは、環境問題・社会課題の解決に立ち向かうチャンレンジャーを応援します。

The following two tabs change content below.
GREEN NOTE(グリーンノート)

GREEN NOTE編集部

『GREEN NOTE(グリーンノート)』は環境・社会課題をわかりやすく伝え、もっと身近に、そしてアクションに繋げていくメディアです。SDGs・サステナブル・ESG・エシカルなどについての情報や私たちにできるアクションを発信していきます!

ビジネスのSDGs・サステナビリティ総合支援
なんでもご相談ください!

    ご利用規約プライバシーポリシーをご確認いただいてから送信してください

    -グリーンテック

    Copyright© GREEN NOTE(グリーンノート)|SDGsがすぐわかるニュースメディア , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.